読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最小限で生きてやる

「生きていくための最低限とは」を考え記録します。

会社でも最低限で

悲しいかな、私は雇われの身分。
副業やフリーランスが流行っていますが、
私にはほど遠い話し。
こんな会社、辞めてやる!と思ったことは
腐るほどあります。

ええ、何度も何度も。


いつか潔く辞めるときのために、会社に私物は
置いていません。
ロッカーも与えられていますが、カバンを
入れるのみ。

私物以外は、デスクの引き出しは少量の文具や
書類のみ。
パソコンはノートなので、マウスの類いは
使ってないです。
早くフリーアドレスにしてくれと、いつでも
臨戦態勢。


ワークスタイル変革 (労政時報選書)

ワークスタイル変革 (労政時報選書)



そう、会社でも必要最低限です。

待望の会社を辞めることになったら
荷物を取りにいったり、送ってもらわなくてもいい。
イコール、気まずくない!手間取らない!


いつかなるフリーランスのために
頑張って修行します。

フリーになっても最低限でいたいな…